ノート 値引き

ノート 値引き

新型日産ノートの最新値引き情報と目標金額は?
さらに、新型ノートの商談でセールスマンと良好な関係を保ちながら、
最高の値引き額を引き出すテクニックを紹介します

新車値引きネット > ノート 値引き

日産 ノート 値引き

フルモデルチェンジ直後から、さほど強気な売り方はしていなかった新型ノート。
値引き額も年末・年度末商戦と徐々に拡大した模様です(゚∇^d)
ノート自体の車のデキが良くなった割には売れないので、メーカーとしても焦っているのでしょうか・・・?

最新のノートの平均値引き額は、19万円程度ですので、
装備付属品の値引きを含め20万円超えを目標値引き額とするのが妥当です。

ただし、普通に見積もりをとっても、新型ノートでこの値引き金額を引き出すのは不可能です!

では、どのようにしたら良いのでしょう・・・?
ここでは、ノートの値引き交渉テクニックの一つを紹介します(^o^)b

ノート 値引き 交渉

車の商談=値引き交渉は、お互いに顔を合わせながらの腹の探り合い。
結局はセールスマンと私達客との間に信頼関係が生まれなければ、
新型ノートの商談で納得のゆく好条件が発生する訳がありません。

日産の販売店では、ノルマ達成のために
一台でも多くの新型ノートを売りたいのは当然です。

また、それ以上に、ノートのライバル車が売れることを
何としても阻止したいと考えます。

金額的に最高の条件を引き出すためには、担当のセールスマンに、
「この客には少しでも安い金額を提示しないとライバル車に取られる」と、
強い危機感を感じさせることが大切です。


そのための具体的な方法は、

期限を定めて交渉する(例えば「2週間後の○日までには契約します」と宣言)
 →強い購入意思が伝わり、交渉が速いテンポで進み易くなる。

◎新型ノートのライバル車といえる ホンダ「フィットハイブリッド」や「フィット」の見積もりを必ず取る
 他にもトヨタ「アクア」やスズキ「スイフト」等の見積もりを取るのも効果アリ
 →心は決まっていても、総額次第でどちらにするか迷っている素振りは重要。
  ライバル車の見積書を携帯していればアピール度◎。

◎下取り車を用意する
 →見積書上に明記される値引き金額に関しては、
  通常、ノートとしての上限が裏で決められています。

  メーカーからの監視もあるため、それ以上の割引きを引き出すには、
  下取り査定額をアップさせることでトータル金額を安くします。


商談前に、愛車の下取り適正価値を調べておくことが肝心ですね(・∀・)b
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

また、商談に出向く前にオンラインで新型ノートや競合車の見積りを取ることもできます。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!
下取り車の有無に関わらず、事前に見積もりが手元にあることで値引き作戦をたて易くなりますね。

これでも満足のゆく値引き額が得られない場合には、
隣県等で経営母体の異なるノートを扱うディーラーでも見積りを取って、
担当者をさらに奮起させるべく、最高のプレッシャーをかける手もあります。

ノート 値引き 情報

ディーラーが用いる査定表の価格設定に従った「下取り額」は、あまりにも低額。
セールスマンの努力や人脈次第で、かなりの金額上乗せができるところです。

最初に出てくる見積書には、びっくりするくらいの「下取り額」が記入されています。
特にディーラーの下取り査定は、7年落ち(3回目の車検の直前)の車両では
極端に安くなってしまう傾向があるようです。

そんな時に心強いのが車買取専門店
車買取専門店では、中古車として人気のある車種であれば
すぐに買い手がつくので、かなり高額で引き取ってくれるのです。


例えば、平成17年式のウィッシュでは、

ディーラーの下取り査定額10万円 → 車買取専門店の査定額45万円
なんとその差35万円!

こんなことが、普通に起こっているのです!!
表面上の値引き額だけに目をやるのではなく、総額を安くしないと大失敗ですよ(゚д゚lll)

新型ノートの値引き交渉をする前に、まずは愛車の適正価格を調べることが重要ですよね。
その上で、セールスマンに奮起してもらって、奇跡の値引き額を目指しましょう!

そのためには、無料の車買取一括査定を利用しない手はないですよね(゚∇^d)
ソフトバンクグループの業界大手カービューなら、対応も良く、安心・確実です。
carview

また、「ズバット車買取比較」(旧「車買取比較.com」)では、
大手を含む 150社以上の車買取業者から、厳選された最大10社に一括で査定依頼が可能!
手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べるので、こちらも人気ですd(゚-^*)



ノートの値引き交渉に日産ディーラーへ行く前に、オンライン見積りで先手を打ちましょう!

ノート 値引き トップへ戻る